7月百貨店売上高▲5.1%、2ヵ月ぶり減/豪雨、猛暑、セール前倒しなど影響

●消費動向

日本百貨店協会が21日発表した7月の全国百貨店売上高は5,132億円となり、既存店ベースで前年同月比▲6.1%、2カ月ぶりのマイナスとなった。東京、大阪など【10都市】の売上高は同▲5.1%、2カ月ぶりのマイナス、高額商材の【美術・宝飾・貴金属】の売上高は同▲1.3%、16カ月ぶりのマイナスとなった。7月は西日本豪雨や猛暑、土曜日の1日減、セールの前倒しなどの特殊要因が重なり売上高が伸び悩んだ。個人消費の悪化と悲観する結果では無さそうだ。

住宅市場は緩やかな上向きの兆しが見られるものの、夏の集客は猛暑・豪雨の影響もあり全体で概ね▲10%となった。それでも具体客が目立つ。積極的な仕掛けを継続し、一件でも多くの受注に結び付けたい。

 

 

   ■百貨店売上高の伸率推移(前年同月比、%)
   

    資料/日本百貨店協会

 

 

他の『週刊住宅産業エクスプレス』記事を
読みたい方はこちら