月刊ハウスメーカーレポート特別セミナー『ハウスメーカー2021年度の戦い方』

セミナー詳細を見る

セミナーのお申し込み

セミナー内容

2つの講座を選択して受講出来る!

『月刊ハウスメーカーレポート』特別セミナー!
ハウスメーカーレポート会員は1人2コマ、もしくは2人1コマ無料!

隣の席は必ず空席とする、ソーシャルディスタンスの新型コロナウィルス感染症対策でゆったり安心聴講。
マスク着用、体温計測ほかご協力願います。
大阪:先着各講座20名まで
東京:先着各講座50名まで
※WEB配信・DVD化の予定はございません。

テーマ①:戸建~主に注文~(時間:13:15~14:45)

戸建は、ステイホームで顧客関心度が災害対策から住まい心地や快適さなど家の外から中に変化する中、その足元ニーズにぴったりハマり、WEB戦略のヒット含め受注絶好調の住林、積水が本格的に土地を買い始め本格的に一次取得層へ参戦するほか暮らし方訴求も強化。
総合免災住宅の一条、耐震耐火レジリエンスの旭化成は果たしてどうなる。
その他No1狙いで建売増やすハイム、棟より額でスカイエ3を頑張る大和、いつになったら動き出す?
PLT3社、富裕層ニッチャーになってしまうのか三井。

①市場動向
・2020年暦年計での持家着工は、前年比▲9.6%の26.1万戸
・2020年暦年計での建売着工は、前年比▲11.4%の13.4万戸と、躍進一服も、戸建に占める割合は3戸中1戸レベルで青田刈り防止は引き続き課題

②各社動向からみる課題感
・淘汰される総展、大手HMが退店することで増えるコバンザメ。コロナでも躍進するビルダーにどう対抗するのか?、爆増アイ工務店、絶好調タマ…
・コロナでワークスペースが欲しい=空間提案で解決ビルダーに対し、プラン不自由のプレハブにおける自由設計訴求が首を絞める
・暮らし方を語れないプレハブ営業多発。その理由はモノ売り集中でプランが分からない営業マンを増やし過ぎたかも

③2021年度の戦い方はコレだ!
・コロナ禍で分断される組織。ガバナンス&ベクトルなど人事戦略は大きな課題
・モノの説明は動画、プレゼンも動画でなど、さて営業マンは何をすべきか?
・坪100万円の家を、買ってもらえる仕組みは?残価設定、買取保証は機能する?

 

テーマ②:アパート(時間:15:15~16:45)

アパートは、未だローン厳しく都会が主戦場。
オーナーマインド更に低下で、狙いは個人から法人へ。
各社ルート模索も、中堅どころは戸建とアパートの曖昧戦略で、投下戦力少なく、ご都合主義の併売では上手く行かない。
好調は積水でSAエリア駅前戦略&賃貸ZEHで額稼ぐ+ガバナンスの効いたグループ連携も奏功。
対してコロナで飛び込みが崩壊で迷子の大東、地方に戻るべきか都会でRCかでこちらも迷子の大和。
対して旭化成は専売営業増やせばもっと増えるか。中堅はいろいろはっきりした方が良い。

①市場動向
・2020年暦年計低層貸家着工は、前年比▲13.6%の19.7万戸と20万戸を下回る
・2020年暦年計での中高層貸家着工は、前年比▲3.1%の11.6万戸。利用関係別での下落率が最も低い

②各社動向からみる課題感
・結局、受注差はエリア差よりも戦力差の方が大。本気でアパート受注を伸ばすなら、専売営業マンをどう増やすかが最大の課題
・受注源の黄金比は、オーナーリピート、法人ルート、その他を3分の1ずつが理想。しかし都市部を攻めると一筆オーナー比率増加=オーナーリピート苦しみ、新規開拓の十字架を背負うことに。さてどうする?
・各社中高層&非住宅狙いにシフト。戦力少ないのにそんなに間口広げて大丈夫?

③2021年度の戦い方はコレだ!
・ZEH提案が本格化で、高コスト化対策に、本気のグループ連携が試される
・法人ルート開拓は結局上の人がどこまで握れるかで決まる
・社内連携で紹介獲得を積極化せよ。成功には文化の醸成よりインセンティブか
 
講師:住宅産業研究所 専務取締役 清水直人
住友林業(株)での8年間の営業現場経験の後、2001年3月に住宅産業研究所へ入社。現場営業マンや各地のメーカー・ビルダーへの直接取材を行い、時代にあった住宅販売戦術を分析。月刊TACTなどへの執筆活動も実施しています。 
加えて、それらの分析情報をもとに、HM向け及びビルダー向けには住設会社と共に、持家やリフォームをテーマに、各地で講演業務を実施。最近はアパート市場の販売分析にも注力し、アパート関連において、住宅会社向けだけでなくオーナー向け、金融機関向けなどの講演や研修実績も多数あります。

 

日程

開催日時 場所
4月23日(金)

①戸建(主に注文)
13:15~14:45

②アパート
15:15~16:45
最大延長16:55まで

大阪会場:新大阪ブリックビル
JR新大阪駅より徒歩3分
4月26日(月) 東京会場:新宿NSビルスカイカンファレンス
JR新宿駅より徒歩7分

※会場の詳細ならびに地図は、お申し込み後にお送りする受講票にてご案内いたします。

 

受講料金(税込)※おひとり当り参加費用

一般受講者(非会員) 1コマ受講 22,000円/名(税込)
月刊ハウスメーカーレポート会員 2コマまで受講 無料
TACT、エクスプレスなど各種会員
※TACT無料枠はご利用いただけません
1コマ受講 20,000円/名(税込)

複数人参加割引なし、TACT無料枠ご利用不可。
HMR会員無料枠利用は1人2コマもしくは2人1コマ。また、2コマを別々の方が受講できます。

 

お申込み方法について

・お申込みフォーム
・お申込み用紙(PDF)をメール送付もしくはFAX
FAXの場合 →この申込書をコピーして、下の記入欄にご記入いただきFAX で送ってください。
メールの場合→jsk-mrk@tact-jsk.co.jpに下の情報をメールしてください。
※セミナーの内容についてのお問い合わせは、清水まで。申込方法についてのお問合せは、阿我田(あがた)まで、お電話でお願いします。

TEL:03-3358-1407

開催についてのご案内と請求書について
・お申し込み後、案内図、受講票を各受講者様e-mailへ、請求書を申込窓口様へ郵送にて送付します。セミナー当日までの入金をお願いいたします。(振込手数料はご負担願います。)
キャンセルに関しては、前日までのお申し出は全額返金しますが、当日キャンセル、無断キャンセルは返金できかねます。

 

お申込みフォーム

お申込み企業様情報

必須貴社名
必須郵便番号(半角数字)
必須住所
必須電話番号
FAX番号
必須連絡者メールアドレス
※こちらのアドレスに申込み完了・受講票をメールでお送りいたします
当社サービスのご入会状況
会員No.またはID

参加希望者

必須部署・役職 必須お名前 必須希望日程 必須申込み講座
参加者1
参加者2
参加者3
参加者4
備考欄

こちらの内容でよろしければチェックを入れて送信してください。

【お申込みについて】
・お申込みの送信が完了しましたら、jsk-mrk@tact-jsk.co.jpより受付完了の旨の自動返信メールが届きます。
 迷惑メールフィルターを設定の方は、上記のアドレスの受信許可設定をした上でお申込みください。
・自動返信メールが届かない場合は、お手数ですが再度フォームよりお申込みくださいませ。

 

 お申込み用紙(PDF)

 お申込み用紙(PDF)

送付先は、メール(jsk-mrk@tact-jsk.co.jp)もしくはFAX(03-3358-1429)宛にお願いいたします。