「2019年エクスプレス・TACTセミナー」セミナーリポート

11月22日(金)、25日(月)、26日(火)の3日間、東京・大阪・名古屋の3会場で、「2019年エクスプレス・TACTセミナー60万戸時代への足場を固めよ」を開催しました。
今回はそちらの様子をご紹介します。お忙しい時期にもかかわらず、ご参加いただきました多くの企業様には御礼申し上げます。

 

午前の部 エクスプレスセミナー

午前は「住宅産業エクスプレスセミナー」。弊社で毎週月曜にメール配信でお届けしている「住宅産業エクスプレス」は、2020年の新春号で『創刊1,000号』を迎えることになりました。

最近1年間の【全体市況】と【住宅市場】総括


セミナーでは、編集長の岩澤が最近1年間の全体市況と住宅市場の総括について、ハウスメーカー各社のトレンドを交えながら解説しました。

 

これからの住宅販売は、モノ&コトのハイブリッド戦略!


続いてコンサルタントの音地が、集客からクロージングまでの“モノ売り”と“コト売り”のハイブリッド戦略について、具体的な商談の進め方やツールの使い方等、実践的な方法をレクチャーしました。

 

午後の部 TACTセミナー

午後の「TACTセミナー」では、関西支社長の脇田、TACT編集長の布施、プロデュース部の恵美が登壇しました。

2020年 消費増税後の世界 住宅市場展望


脇田は2020年以降の住宅市場展望とハウスメーカー各社の最新動向について、研究開発の取組や新商品のトレンド等を開設しました。弊社で独自に集計している市場データより、住宅業者数の推移や業種別・棟数規模別のシェアの変化についてもお話させていただきました。

 

ビルダーも5年後、10年後を見据えた舵取りを


布施はビルダーの事例を中心に、現在伸びているビルダーのマルチブランド戦略やFC各社の戦略、ビルダー同士のグルー化の動き、営業スキルの平準化について、ビルダー経営戦略の方向性を多角的に示しました。

 

営業効率化とスキルの平準化を実現する動画ツール活用法


恵美は住宅営業に有効な動画ツールの作り方と活用方法について、参考動画をお見せしながらノウハウをご提供しました。

 

セミナーを終えて

セミナー終了後にいただいたアンケートでは「とても参考になった」、「セミナーで聞いた方法をすぐに実践したい」、「自社に合った方法を提案してほしい」等、多くのありがたい感想をいただきました。今後も皆様にお役立ていただけるようなデータ・情報をご提供いたします。

次回の「住宅産業エクスプレスセミナー」、「TACTセミナー」は2020年2月17日(月)名古屋、18日(火)大阪、20日(木)東京の開催を予定しています。
住宅業界の今後の予測やトレンド・戦術のご紹介など、弊社の特別セミナーです。
是非ご参加ください!

また、各種セミナーも随時開催してますので、そちらも是非ご覧ください。

住宅産業研究所セミナー