地域密着ビルダー・工務店こそ、ウェブ集客に本気で取り組もう

 

ウェブは大手企業だけのものではない

大手住宅メーカー・有力ビルダーでは、集客施策におけるウェブの強化が一般的になりつつあります。ですが、中小ビルダー・工務店のウェブへの取り組みは、今なお温度差があります。ウェブに対して消極的な住宅会社の中には「地域密着の小さな会社にはウェブは向いていない」という考えをお持ちの方も、まだまだ少なくないようです。
しかし、ウェブは大手企業のものだけではなく、実は地域密着型のビルダー・工務店にこそチャンスがあるツールです。

 

検索結果には地元のビルダー・工務店

例えば、Google・Yahoo!などの検索エンジンで、「注文住宅」「戸建て」といったキーワードで検索してみてください。検索結果に表示されているのは、いわゆる大手ハウスメーカーばかりではないと思います。
さらに、「注文住宅 ○○市」など地域名をプラスして検索すると、検索結果の大半は地元のビルダー・工務店が並ぶかと思います。地域トップクラスのビルダーばかりではなく、地元で伸び盛りの企業なども含まれているのではないでしょうか。

 

SEO対策を正しく理解する

検索エンジンの表示順位は、ユーザーが検索しているキーワードに対して、「情報の豊富さ・有益さ」「サイトの使いやすさ」などといった要素をもとに決まります。会社の実績・規模・知名度は判断材料になりません。
つまり、企業の大小を問わず、すべての会社に平等なチャンスがあるということです。
また、近年はユーザーの現在地に合わせて検索結果が変わる仕組みも一般化しており、地域密着型の企業にとっては追い風と言えるでしょう。
検索エンジンで表示順位を上げるための手法(SEO対策)を正しく理解し、お客様に対する良質な情報発信を行い続けることで、コストを抑えながら集客の機会を得ることが可能なのです。

 

ウェブ広告は市町村を限定した配信も可能

また、ウェブ広告も折込チラシなどと同様に、市町村を限定した配信や、「指定の場所から半径○○km以内」といった配信も可能です。低コストでスタートできるため、最近は地域工務店でも取り組むところが増えてきましたが、まだ試したことのない企業もまずはトライしたいところです。

ウェブでの集客活動は、正しいやり方・考え方に基づいて行えば、莫大な投資を行わずとも、成果を上げることが可能です。だから、「小さな会社」「地域密着の会社」「モデルハウスを持たない会社」こそ、積極的に取り組んでいただきたいと考えています。

 

まとめ

成果をあげるためには、まず「ウェブ集客の正しいやり方・考え方」を学ばなければなりません。そこで、ビルダー・工務店に特化したウェブ集客のポイントを、1日で学べるセミナーを企画しました。ウェブに詳しくない方を対象に、分かりやすく解説します。よろしければ、ぜひご参加ください。

 

セミナー詳細を見る