【10月】街角景気/【現状】2カ月ぶり改善、【先行き】2カ月連続悪化

●住宅着工

内閣府が8日発表した10月の景気ウォッチャー調査(街角景気)によると、足元の景況感を示す【現状判断】が49.5となり、前月比0.9p上昇、2カ月ぶりの改善となった。
一方、2~3カ月先の景況感の見通しを示す【先行き判断】は50.6となり、前月比0.7p低下、2カ月連続の悪化となった。現状は台風や地震など自然災害の影響が薄れてきたが、先行きは貿易摩擦が懸念材料となり、消費増税の心理的影響も出始めている様子。
内閣府では基調判断を「緩やかな回復基調」とし、前月の判断を据え置いた。

住宅市場は、消費増税の正式表明(正式決定ではないが)を機に、住宅計画者の動きが活発になっている。
戸建請負の受注ベースでも上向きが鮮明になり潮目が変わったようだ。
駆け込み、増税、反動は懸念材料でもあるが、積極的な仕掛けを継続し一件でも多くの受注に結び付けたい。

 

●2018年10月受注棟数伸率 ★全体11社計・・・9.3%増、前月比4.2p上昇、7カ月連続増
★大手 6社計・・・8.1%増、前月比1.5p上昇、6カ月連続増
★中堅 5社計・・・14.9%増、前月比19.1p上昇、2カ月ぶり増

 

●街角景気の推移
express2018.11.12グラフ

資料/内閣府「景気ウォッチャー調査」

 

他の『週刊住宅産業エクスプレス』記事を
読みたい方はこちら