住宅営業 1 年生フォロー研修

セミナー概要

初回接客の精度を上げて、ヒアリング・初回プレゼンまで自力で出来るようになる!

今年入社した住宅営業スタッフ・入社2~3年の営業スタッフと研修担当者向け

今年の新人は、うまく育っていますか?
早いもので、新入社員が入社して4ヶ月がたとうとしています。
今年の新人は、順調に育っていますか?少しぎこちないところは ありますが、一人で初回接客が出来るようになった頃かもしれません。
また、口に出して言うかどうかは分かりませんが、いろいろ悩みを抱えている頃かもしれません。

いよいよ今年最大のヤマ場がやってくる!
注文住宅業界は、一足早く消費税が10% になっています。今回は増税に対する支援策が用意されていますから、駆け込みや落ち込みは、前回ほどではないかもしれません。
しかし4つの支援策には、期限があります。4つ全て使うためには「来年の3月末」までに契約する必要があります。すると9月からの初回接客、商談がかなり重要なものになってきます。

そこで新人フォロー研修を企画しました!
そこで、住宅営業1年生を対象にしたフォロー研修を企画しました。二日間の日程で「初回接客」の復習と「ヒアリングから初 回プレゼン」のフローを習得するものです。
研修後すぐに実行できるように、講義、実習、ロールプレイの順に進めていく研修です。

今年は特に「モノ」から「コト」への転換を
フォロー研修は、昨年も行いました。今年は特に「モノ」から「コト」への転換をテーマに行います。
一次取得者の中心である、 いわゆる「ロスジェネ・ミレニアル世代」の消費は、モノ消費で はなくコト消費です。
初回接客から、コト実現力をアピールする、そんな内容に変更しました。

もちろん1年生以外の方の参加もOKです
悩んでいるのは、1 年生だけではないと思います。2,3 年経って、作業には慣れたが、成果が出ないスタッフもいると思います。
仕事は「価値」をアウトプットするもの
仕事=作業+価値創出  
  
(「入社 3 年目の心得」総合法令出版より引用)

作業は出来ても成果が上がらないスタッフにピッタリの研修です また、新人フォロー研修を企画しているが、どのように進めたら 良いか困っている研修担当者の方にも有効な研修です。
実際に受けてみて、自社の研修にご活用ください。

 

研修スケジュール

初日 (9/5) 研修スケジュール(11:00~18:00)

営業活動の振り返り
■今困っていることを解決する
・研修の目的、目標、進め方の説明
・事前に書いてきた「知りたいこと、困っていること」をグルー プ分けしてまとめる→講師より解決策のアドバイス

初回接客の復習①「建物の案内手法」
■建物を案内しながら「コト実現力」で差別化する
・モノ消費とコト消費の違いを理解する
・「ヒト→コト→モノ→実例→強み」の5段階説明を理解する
・担当モデルハウス、完成現場の説明トークを作り練習する

初回接客の復習②自社の強みの説明方法
■自社の強みを売り込まないで差別化する
・「木と鉄の違い」「工法の特徴」を理解する
「一般的には〇〇ですが、当社は△△にしています」の話法習得
・「自社の強み」を会社選択基準にしてもらう話法習得

初回接客の復習③「着座から次回アポへ」
■受注につながる次アポを取得する
・「3 つの何故?」の答えをお客様から言わせる質問技法
・パターン別次アポのとり方
・土地+注文住宅の場合の展開方法

初日の研修に必要なもの
・今困っていること、知りたいことをリストにして持ってきてください
・担当しているモデルハウスの間取り図、モデルハウスが無い場合は、次回見学会を行う家の間取り図等
・会社、商品の強みを説明するときに使っている資料(カタログ、アプローチブック等)

 

二日目 (9/6) 研修スケジュール(9:30~16:00)

ライフプランニング
■お客様の「お金に関する不安」を解決する
・ライフプランニングとは何か?その目的と効果は?
・どのタイミングでどのように行えば良いのか?
・営業スタッフでも出来ること、プロでないとできないこと

間取りの作り方
■お客様の「したいコト」を実現させる
・基本的な間取りの作り方を理解する
・間取りヒアリングの手法を理解する
・事例をもとに間取りを作成する

初回プレゼン
■初回プレゼンで決める提案方法を理解する
・初回プレゼン 1 提案のチェック方法を理解する
・初回プレゼン 2 提案(説明)方法の準備方法を理解する
・初回プレゼン 3 提案資料の作り方を理解する
・ロールプレイ 作ったプレゼンを使って説明してみる

二日目の研修に必要なもの
・電卓
・図面を描くために必要なもの・図面用紙は必ず持参してください

 
講師:住宅産業研究所 コンサルタント 音地常弘

 

詳細について

詳しい内容はコチラをご確認ください。

 

日程

開催日時 場所
9月5日(木) 10:45~ 受付
11:00~18:00 研修
東京会場:
住宅産業研究所セミナールーム
(新宿駅・新宿3丁目駅・新宿御苑前駅)
9月6日(金) 9:15~ 受付
9:30~16:00 研修

※※研修の内容、進め方は予告なしに変更する場合もあります。
会場の詳細ならびに地図は、お申し込み後にお送りする受講票にてご案内いたします。
途中休憩あり。セミナーの進行状況によって終了時間が前後する場合あり。
ホテルなど宿泊施設は、こちらで準備はしておりませんので、各自でお願いします

 

受講料金(税込)

本年度弊社主催「新人研修」に参加された会社 60,000 円 / 人(税込)
TACT・リフォーム・エクスプレス等、各種会員 70,000 円 / 人(税込)
 一般受講者(非会員) 80,000 円 / 人(税込)

※無料枠はご利用いただけません。
※お申し込み後、受講票、会場案内図、請求書を送付致しますので、届き次第セミナー前日までに受講料をお振込みください。

 

お申込み方法について

・お申込みフォーム
・お申込み用紙(PDF)をメール送付もしくはFAX
FAX の場合 →申込書をコピーして、記入欄にご記入いただきFAXで送ってください
メールの場合→下記のメールアドレスに情報を送信してください
※申込方法についてのお問合せは、弊社黒木まで、セミナー内容については、音地(おんじ)までお願いします
お問合せフォームはコチラ
TEL:03-6380-1271
FAX:03-3358-1429
メール:info@tact-jsk.co.jp

 

お申込みフォーム

お申込み企業様情報

必須貴社名
必須郵便番号(半角数字)
必須住所
※こちらのご住所に受講票をお送りいたします
必須電話番号
FAX番号
必須連絡者メールアドレス
※こちらのアドレスに申込み完了メールをお送りいたします
必須連絡者メールアドレス(確認用)
当社サービスのご入会状況
会員No.またはID

参加希望者

必須部署・役職 必須お名前
参加者1
参加者2
参加者3
参加者4
備考欄

こちらの内容でよろしければチェックを入れて送信してください。

【お申込みについて】
・お申込みの送信が完了しましたら、info@tact-jsk.co.jpより受付完了の旨の自動返信メールが届きます。
 迷惑メールフィルターを設定の方は、上記のアドレスの受信許可設定をした上でお申込みください。
・自動返信メールが届かない場合は、お手数ですが再度フォームよりお申込みくださいませ。


 お申込み用紙(PDF)

 お申込み用紙(PDF)

送付先は、メール(info@tact-jsk.co.jp)もしくはFAX(03-3358-1429)宛にお願いいたします。