大東建託「運命の出会い予告」篇

近年、テレビCMをきっかけに、自社のホームページに誘導する広告手法が増えています。住宅会社のテレビCMでも、キャンペーンサイトと連動し、イメージアップを図る企業CMがあります。

賃貸住宅を手掛ける大東建託のテレビCM「運命の出会い予告」篇は、映画の予告編のような作りで期待感を煽り、本編をキャンペーンサイトで公開し、ホームページへと誘導しています。
テレビCMとの連動キャンペーンは、今年の3月から始まっており、3月に一般から「運命の出会い」にまつわる実話エピソードを募集しました。全国から集まった1000本以上の応募作品の中から、優秀作品を選び、3つのエピソードの映像化が決定しています。現在までに「運命の郵便物」という1つのエピソードがキャンペーンサイトで公開され、同時に予告編をテレビCMで放送しています。
3つのエピソードは全て女優の深田恭子が主人公を演じており、「運命の郵便物」では、数年ぶりに故郷に帰ってきた主人公を演じ、新しく暮らし始めたマンションに元彼宛ての郵便物が届くという不思議な体験から、後に運命の出会いにつながっていくというストーリーとなっています。

今後、残り2つのエピソードも順次公開され、恋に不器用な歯医者が主人公の「迷いクジラ」篇が今冬に、採用面接に向かうバスの中で起きた心温まるエピソードを描いた「なんまんだぶ」篇が来春に公開される予定となっています。エピソードの募集から映像化、公開までと1年以上の長期に及ぶキャンペーンで、CMの視聴者を自社のホームページへ誘い、企業認知度とイメージの向上を図っています。(恵美)