名前くらいは言おう

「結婚するんで家を探しているのですが…」知人の娘さんからこんな話がありました。まずは賃貸が基本ですが、家賃を考えると、分譲マンション、分譲住宅、いっそのこと土地を買って新築…。いろいろな選択肢があり迷っているようでした。
そこでこんなアドバイスをしました
「総合住宅展示場に行って、営業担当の話を聞いてみたら」
そして一つお願いしました。
「気に入ったモデルハウス以外に、こちらが指定したモデルハウスを見学して、どんな話だったか教えてね」そしてボイスレコーダーを渡し、見学中のやりとりを録音してもらいました。
たまたま首都圏でも同じようなカップルに出会ったので、こちらにもお願いしました。
もちろん、二組ともモデルハウスを見るのは初めて。いろんな建物や設備があるのに驚いていました。そして一番びっくりしていたのは、営業担当の対応の違いでした。
詳しい話はセミナー(終了しました)で行いましたので、ここでは衝撃的なエピソードを一つ。それは「営業担当が自分の名前を名乗っていないこと」です。近畿地区では、見学した15モデルハウス中名乗った会社が8社。首都圏では、見学した11モデルハウス中名乗った会社が11社あり、ホッとしました。
どんな事情があるかは分かりませんが、名前を覚えてもらわないと商談は進まないと思いますよ。
せっかくお客様が展示場に来ても、これでは受注は取れませんね。(音地)