第2弾を投入~住友林業「家づくりアドベンチャー」

住友林業は、今年1月より「家づくりアドベンチャー~イエヅクリ魔神と砂漠の遺跡」というWEB上で遊ぶことができるブラウザゲームを公開しています。

同コンテンツは、2011年に投入した家づくりの知識を深めるWebサイト「家づくりの達人~家づくりクエスト」の第2弾となります。ポイントは1980年代に子ども時代を過ごした“ファミコン世代”のユーザーに向けて、どこか懐かしさを感じることができるロールプレイングゲームとしたことです。

プレイをするためには会員登録が必要で、これにより見込み客の登録を促します。WEBサイトへの個人情報等の登録のハードルは高いものですが、魅力的なコンテンツで集客しようという狙いです。好評だった前作は、住宅の知識に関するクイズがメインのコンテンツでしたが、今回はアイテムを集めたり、パズル形式のイベントがあったりと、内容・ボリュームともにさらにパワーアップしたものとなっているようです。

ゲームに参加した人の中から抽選により、同社のキャラクター「きこりん」のグッズがもらえるプレゼントもあるようで、このようなユニークな仕掛けで見込み客の獲得を狙います。(関・和)