3度目の「省エネ住宅ポイント制度」申請始まる

消費税増税後に低迷する住宅市場のテコ入れ策として「省エネ住宅ポイント制度」の申請が3月10日から開始しました。今回の制度名称は「省エネ住宅ポイント制度」ですが、内容的には「住宅エコポイント制度」の延長で、今回で3度目になります。
これまでの制度からの主な変更点は3つで、

①対象住宅に「完成済み新築住宅の購入」が追加
②中古住宅購入と同時にエコリフォームを実施した場合「既存住宅購入加算」10万ポイント加算
③指定のエコ設備3種類以上を採用した場合「設備エコ改修」が対象に追加
早々に《TDY連合》は省エネリモデル商材で販促を大々的に展開しています。
15.3.16tsuda.png
大手ハウスメーカでは、積水ハウスが「窓断熱リフォーム工事費を10%割り引くサービス」を開始、三井ホームは持家受注の差別化要素である「全館空調」をリフォーム工事として販促を掛けています。

今回の制度での懸念事項は、予算総額が905億円と前回より37%少ない点。受注をしたが予算が枯渇しポイント申請が間に合わないケースも考えられ、反動減対策であるにも関わらず、一気呵成に走れないのが残念なところです。追加の補正予算を期待したいところです。