ミサワホーム Web動画「妻へのラブレター」

スマートフォンやタブレットなどが普及し、10~20歳代といった若い世代では、テレビよりもスマートフォンに触れている時間の方が長くなっていると言われています。住宅会社の広告活動としてもテレビCMと以外にスマートフォンなどでの視聴を狙ったWeb動画を公開するケースも増えています。

ミサワホームが2015年9月から公開しているWeb動画が「ホームストーリーズ」です。この動画はミサワホームのオーナーである3家族を映したドキュメンタリーとなっています。今回は、3つの動画の中で最も視聴者からの反響が高い「妻へのラブレター」をご紹介します。
動画の内容は、8年前、子どもが生まれる直前に大きな病気の告知を受けたご主人とその奥様が登場し、感謝の気持ちをご主人がラブレターにつづるというものです。ご主人からのラブレターの後に奥様から「やっぱり結婚して良かった」という一言があり、動画は終了します。

ドキュメンタリー形式で、感動する内容の動画のため、Facebook等のSNSを通じて拡散され、現在までにYouTubeでは41万回以上の再生回数があり、Facebookでは2000件以上の「いいね!」の評価をされています。このようにWeb動画は、テレビCMよりも拡散性が高く、内容しだいでは多くの人に見てもらうことが可能です。また、テレビCMよりも少ない予算で始められるという点もメリットとなっています。
今後もテレビCM以外にWeb動画を活用する住宅会社は増えてくると考えられます。(恵美)