三井ホーム「VENCE」

新商品の「VENCE」はサロンのある暮らしをコンセプトに、自宅で趣味の教室を開いたり、お客様をおもてなししたりする空間として利用する「サロンスペース」を設けたのが特徴です。
ターゲットはこういったサロン開設を考えている人で、一般的にはニッチなターゲットと言えますが、三井ホームのオーナーの13.7%がサロンなどで教えた経験があるといい、三井ホームにとっては得意な顧客層です。

今回ハウスクエア横浜のモデルハウスを見学しましたが、デザインはさすがの三井ホーム。インテリアスタイルは、18世紀フランスのロココ様式を取り入れ、白を基調に赤、ピンク、黄色といった色遣いが特徴的で、モールディングや間接照明を多用したとても華やかな空間になっています。
外観は白の塗り壁に同色の擬石、黒のサッシ、アイアン装飾の他、最も特徴的なのはハーフラウンドアーチやベイウィンドウなどで、フレンチテイストをふんだんに取り入れています。
三井ホームの商品は、新しい構造や設備を搭載したというものより、デザインや暮らし方の新提案が多く、上手くブランディグに繋がっています。

ただデザイン的にはかなり豪華なモデルハウス(モデルプランは坪単価95万円)なため、営業マンからすれば、少し売りにくいというケースもあるかと思いますが、気に入ってもらえれば競合が入るケースは少ないと思います。
またモデルハウスでありがちな、来場者の「豪華さ的にも、広さ的にもここまでは出来ない・・・・」という時のための準備もしてあり、外の懸垂幕には大きく「すぐご案内できます三井ホームの35坪」といったアピールがされていました。
リアルサイズモデルの見学の際は、上手くモデルハウスとのギャップを埋めるトークや、リアルサイズならではの見せ方の工夫がされていると思われます。
ターゲットや需要から見ると少しニッチな商品と思われますが、三井ホームしかできない素晴らしいモデルハウスでした。

16.4.8_takatsu.png