ハードルの高さ

今回は私が悩んでいることです。
もし答えを知っている人がいたら教えてほしいことです。
それは、新規集客のハードルの高さです。

先日クライアントで初めて現場見学会を行いました。
この会社は分譲がメインの会社です。
分譲住宅の販売イベントはいつもやっていますが、
請負の見学会は今回が初めてです。

建物案内が出来るスタッフは二人しかいません。
そこで案内開始前に見せる映像と着座商談時に見せる映像を作り、
受付→映像→建物案内→着座→映像→次回アポという流れを作りました。
この流れ通りに接客を行うと確実に90分以上はかかります。

そこで告知チラシに「なるべくなら予約してください」と書きました。

見学予約というと、かなり来場のハードルが高い感じがしました。
私もそうですがクライアントの社長さんもそう感じていました。

しかしやってみると、土日どちらも予約が二組。
接客も予定通り長く出来ました。
予約してくるくらいなので、
冷やかしや計画が無い人はいません。
住所や氏名が分かっているので、アンケート記入云々の話もありません。
次回アポも取れました。

もちろん、予約以外のお客様も来場されました。
スタッフ二人が同時に接客していた時は、私一人になり、
接客しないといけないのかとドキドキしていました。

初めての見学会にしては、うまくいったようです。
反省会を行い、次回は「完全予約制」にしようと決まりました。
だんだんハードルが上がっていきます。

本当にこれで良いのでしょうか?