日本初の介護リフォームFC

経産省は、その取り組みや独自のビジネスモデルを有する17者を「先進的なリフォーム事業者表彰(経済産業大臣表彰)」として選定しました。この賞自体は今年で2年目で、選定された事業者の取り組みを「ベストプラクティス集」として発信することで、リフォーム業界全体の発展につなげることを目的としています。
この17者の取り組みの中に介護リフォームに取り組んでいる神奈川県のユニバーサルスペースという会社があります。

会社概要 

本社所在地  神奈川県横浜市戸塚区戸塚町3002
商圏エリア  東京都、神奈川県、埼玉県、静岡県、岐阜県、大阪府、兵庫県
代表者  遠藤 哉
資本金  10,000千円
業種  建設業
設立  平成21年1月
従業員数  27名
施工(年)  4200件以上
選定理由  ①介護事業者目線でのリフォームを提供(1か所あたりの工賃を掲示など)
 ②介護リフォームをシステム化した独自のITシステム「FUSシステム」開発
 ③介護リフォームのFC展開
 

 手すり設置や段差解消などの介護保険が適用される介護リフォームは少額且つ行政への提出書類も多いため、嫌がる工務店も少なくないと聞きます。そんな手間暇がかかる介護リフォームをシステム化し、そのノウハウをFCに活用することで、建設業界と介護業界との橋渡し役を担ったという点が評価され、受賞に至ったようです。
 受賞の段階で直営店5店舗、FC加盟店13、18店舗(東京都:6、神奈川県:5、埼玉県:3、静岡県:1、岐阜県:1、大阪府:1、兵庫県:1)となっております。現在もFC事業説明会も開催しており、今後も加盟店を増やしていく狙いです。(石田)

16.8.30_ishida.png