タツミプランニング WEB動画『【逃げ恥】「恋ダンス」社員全員で踊ってみました』

YouTubeは、2016年にYouTubeに掲載された動画の中から、総視聴時間、共有回数、コメントや評価の数等の様々な要素を元に選出したトレンド動画ランキングを発表しました。日本の動画としては、ピコ太郎の「PPAP」が、第2位にランクインしています。YouTubeのトレンド動画ランキングに日本発の動画がランクインするのは、史上初の快挙となりました。

「PPAP」は、YouTubeでの再生回数が1億回を超えていますが、今年「PPAP」に並ぶほどの話題となったWEB動画が、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のエンディングに使用された「恋ダンス」動画です。星野源が歌うドラマの主題歌「恋」に合わせて、新垣結衣などのドラマの出演者が踊るという動画が話題となり、再生回数は8000万回以上となりました。また、男子フィギュアスケートの羽生結弦選手や、ケネディ米駐日大使、その他一般の人達が恋ダンスを真似て踊る動画が数多く投稿されたことでも話題となっています。

住宅会社でも恋ダンス動画を制作し、多くの再生回数を記録した会社があります。神奈川県横浜市のタツミプランニングでは、社員が撮影から編集まで行って制作した恋ダンス動画をYouTubeに掲載したところ、現在までに再生回数43万回を突破しています。恋ダンス動画によって、視聴者にモデルハウスを見てもらったり、社員の紹介や社内の雰囲気を自然と伝えることが出来ています。さらに地元の新聞社にも取り上げられるなど、会社の知名度を高めるのにも成功した事例と言えます。

 1月に行うセミナーでは、ブログで紹介した会社の他に、好調な会社が使っている動画の事例をご紹介します。また集客に役立つ動画を自社で撮影・編集までできるようになる方法をお伝えします。ぜひご参加ください。

本年も弊社をご愛顧頂き、まことにありがとうございました。来年もどうぞ引き続き、宜しくお願い申し上げます。(恵美)