ポスト消費税のビルダー販売戦略

貴社にお伺いする出張式講演 プログラム2時間   講師:専務取締役 清水直人

今は好調。でも消費増税後はどうなる?

今どき客のキャッチの方法から、増税後に向けた対策まで客観的に紹介します

内容

Ⅰ 住宅市場動向

  • ・持家~大手受注絶好調。でもマーケットシェアで拡大しているのは年間元請着工数20棟以上のビルダーだ
  • ・貸家~低層アパートは戸数ベースで大手9社が72.1%のシェア獲得、隙間はあるのか?
  • ・分譲~着工動向は最も安定だが、飯田グループ統合余波で地方への進出活発化
  • ・リフォーム&中古~量から質の時代到来?!、大手に加えヤマダ、イオン、ホームセンターなど参戦で乱戦模様に

Ⅱ ブームをキャッチする販売戦略

  • ・今年は戸建がブーム。前半は建替え客+下の年収層の客、後半戦は安い分譲+上の年収層の注文客がターゲット
  • ・注文住宅の切り口は「住宅取得におけるエネルギー改革&生涯コストの見直し」。最大のテーマは集客力と独自性&スピード力
  • ・建替え客をキャッチするには「生活改善共感力」と「資産価値の持続」をきっちり話せるか
  • ・後半戦に備える地域ブランド力を意識せよ

Ⅲ ポスト消費税のビルダー経営

  • ・そもそもこれからの住宅市場はどうなるのか?
  • ・戸建にはこだわれ~上流を抑えて始めてその他が取れる。
  • ・リフォームを準備せよ~まずはOB客から繋がり再構築。新規リフォーム客には打ち出し方がポイント
  • ・アパートなどのその他関連事業に加え、サ高住、中古流通など国が打ち出す新機軸は本当にバラ色か?

 

ご依頼

ご依頼ご相談はこちらから

  TEL:03-3358-1407

メールフォームからのお問い合わせはこちらから

企業様情報

必須貴社名
必須郵便番号(半角数字)
必須住所
必須お電話番号
FAX番号
必須部署・役職
必須お名前
必須連絡メールアドレス
必須連絡メールアドレス(確認用)
調査依頼内容

こちらの内容でよろしければチェックを入れて送信してください。

【ご注意】
・送信が完了しましたら、jsk@tact-jsk.co.jpより受付完了の旨の自動返信メールが届きます。
 迷惑メールフィルターを設定の方は、上記のアドレスの受信許可設定をした上でお申込みください。
・自動返信メールが届かない場合は、お手数ですが再度フォームよりお申込みくださいませ。